ジェネリック

ジェネリック

ジェネリック

探している "ジェネリック"?

私たちはあなたを助けます!


動画を見ます ジェネリック

あなたは、YouTube上で見つけることができますどのような:

[マイクラ]マインクラフト都市伝説②ジェネリック含む8個の話[Minecraft]

記事 ジェネリック

どのような記事何についてGoogleで見つけることができます ジェネリック:

ジェネリック医薬品の問題点

 

ジェネリック医薬品という言葉を聞いたことがあると思います。ジェネリック医薬品とは特許の切れた医薬品のことであり、安く買うことができます。

 

でも、よく考えてみてください。マスコミはジェネリック医薬品の利点ばかりを宣伝しますが、ジェネリック医薬品に問題点はないのでしょうか。

 

ジェネリック医薬品の利点は他サイトにいくらでも書かれているので、ここでは割愛させていただきます。その代わり、あまり一般的に知られていない欠点について触れていきたいと思います。

 

なぜジェネリック医薬品が浸透しにくいのか

 

それに対し、日本では医療保険制度が欧米に比べてとても充実しています。少なくとも薬を受け取るだけで何万円も請求されることはないのではないでしょうか。

 

そもそも、ジェネリック医薬品が「安い」「同じ効果」と利点ばかりであれば、医師もすぐにジェネリック医薬品に変えているはずです。しかし、実際はそうではありません。

 

なぜなら、ジェネリック医薬品にはそれなりの欠点が存在するからです。本当ならこの部分もマスコミは宣伝すべきなのに……。

 

「ジェネリック医薬品は特許が切れた薬」「同じ効果を得ることができる」

 

これらは一部真実であり、一部ウソです。なぜなら、ジェネリック医薬品は完全に特許が切れたわけではないからです。

 

特許が切れたのは物質特許であり、薬の本体です。つまり、有効成分そのものです。実は、薬の特許には物質特許以外にも、例えば「製剤特許」が存在します。

 

 

もし、製剤特許が切れていなければ、同じような添加物を加えることができません。添加物が変われば薬がどのように溶けていくか、どれくらいの速度で吸収されていくかが変わってしまいます。

 

同様に、製剤特許が切れていなければ、同じ剤形を用いることができません。薬には錠剤、カプセル、粉状などさまざまな形があります。たとえ同じ錠剤だとしても、コーティングの仕方や内部構造などでそれぞれ異なってしまいます。

 

薬の添加物や剤形が変わるとどうなるか

 

それでは、もし薬の溶け出す速度が遅かったり速かったりすればどうなるでしょうか。それは、「薬の効きすぎ」や「効果が出にくい」という結果になります。

 

薬の効きすぎと言うことは、その分だけ副作用も出やすいということです。薬の効果が出にくいということは、薬を服用してもほとんど意味がないということです。

 

その他の問題点

 

 

統計学的には±20%の範囲(正確にはバラつきを含めて80~125%の範囲)であれば差がないと判断されます。つまり、先発品と比べて多少なりとも効果が強かったり、その逆に効果が弱かったりしても「有効性は同じである」と判断されるのです。

 

これもまた、薬の効きすぎや薬の効果が出にくいという結果となってしまいます。

 

胃薬や解熱薬などの薬であるなら、ある程度許容することができます。しかし、不整脈の薬や抗がん剤など命に直接関わる薬であれば大きな問題となります。

 

 

 















Source: http://kusuri-jouhou.com/nyuumon/generic.html




C# 2.0 で、 C++でいうところのテンプレート、一般にはジェネリクなどと呼ばれるものが実装されました。 (C++ のテンプレートとは少し仕様が異なりますが。)

ジェネリック

  • ジェネリック: 型だけ違って処理の内容が同じようなものを作るときに使う。

  • ジェネリッククラス:IComparable<T> { int CompareTo(T x, T y); }

  • ジェネリックメソッド:T max<T>(T x, T y) { ... }

この問題に対して、 ジェネリックというものを用いれば、 必要に応じていろいろな型に対応した Max 関数を生成できます。 Max 関数のジェネリック版は以下のようになります。

関数と同じく、クラスでもさまざまな型に対応したものを作成したいときがあります。 例えば、コレクションクラス(配列とかリストとかの、物の集まりのこと)などがその典型です。

ここでは例としてスタックを考えて見ましょう。 これも格納できる型を特定の型に限ったものは簡単に作成できます。

これを任意の型を格納できるように、ジェネリックを使って記述すると以下のようになります。

このジェネリック版の Stack クラスを参照するには、以下のように書きます。

コンテナの要素・方式・操作
格納する要素の型 int、double、string・・・
格納方式 配列、可変長配列、連結リスト、両端キュー ・・・
操作 整列、検索、置換、総和計算 ・・・

前者は格納する要素の型、格納方式、操作が相互に依存性を持っているため、i×j×k 個という大量のコードを書く必要があるわけです。

要素・方式に依存性がある場合
要素の型
int double string ・・・
格納方式 Stack StackInt StackDouble StackString ・・・
List ListInt ListDouble ListString ・・・
Set SetInt SetDouble SetString ・・・


















 ・

  ・

逆に、後者は格納する型、格納方式、操作に依存性がないため、i+j+k 個という少ないコードを書くだけですみます。 ジェネリックを用いることで、 このような依存性の少ないコードを書くことが出来ます。

要素・方式に依存性がない場合
要素の型 格納方式
int Stack<Type>
double List<Type>
string Set<Type>

例だけ見ても、もうほとんど分かるかと思いますが、 C# では以下のようにしてジェネリックな(どんな型に対しても総称的に使える)クラス・メソッドを定義できます。

型引数

型引数に対する制約条件
制約の与え方 説明
where T : struct 型Tは「値型」である
where T : class 型Tは「参照型」である
where T : new() 引数なしのコンストラクタを持つ。他の制約条件と同時に課す場合には、一番最後に指定する必要がある。
where T : [base class] 型Tは[base class]で指定された型を継承する。
where T : [interface] 型Tは[interface]で指定されたインターフェースを実装する。

ジェネリックなクラス・メソッドに対して、 具体的な型を与えることを「インスタンス化する」といいます。

型引数は複数の型を含んでいてもかまいません。

また、ジェネリッククラス・メソッド内では型引数を使って、 他のジェネリッククラスのインスタンス化ができます。

Ver. 4.0

(変更予定) この比較表は「Java/C++ 開発者向け」の一節に移してもいいかも。

C# Java C++
実装方式 MSIL に generics 用の命令がある。 (.NET 2.0 で追加された。) キャストの分のコードが減って実行効率がいい。 Java バイトコード上は generics に対応していない。 Java コンパイラがキャストを自動的に挿入してくれる。 単なるシンタックスシュガー。 (古いバージョンとの互換性重視。) 超高機能なマクロみたいなもの。 全部インライン展開されるので、 実行効率はいいものの、コンパイルに時間がかかるし、実行ファイルサイズが膨れ上がる。 また、ソースファイルとして提供せざるを得ない。
実体 IL 上は List<int> と List<string> でほとんど同じ扱い。 値型と参照型の違いを吸収するための命令も IL に追加されてる。 参照型同士(たとえば List<string> と List<object> )なら JIT 結果もほぼ共有される いわゆる「型消去」。 Vector<int> と Vector<string> で実体は同じ。 (内部的にどころか実際に)object の Vector と同じものになる。 全部インラインに展開される。 vector<int> と vector<string> で別個にコードが生成される。
型安全性 List<int> と List<string> はちゃんと別の型として扱われる。 リフレクションでも正確に型を取れる。 Vector<int> と Vector<string> を区別できない。 リフレクションでは要素の型を取れない。 vector<int> と vector<string> はちゃんと別の型として扱われる。
キャスト 内部的には object の List と同じ扱いであるものの、 MSIL レベルで対応しているおかげでキャストの必要はなくなる。 キャスト(特に boxing/unboxing)が不要な分、実行効率がいい。 コンパイラが自動的にキャストコードを挿入している。 実体がそもそも別、インラインに展開されたコードになるので、 キャストも不要。 実行ファイルサイズ爆発する原因。
メンバー参照 インターフェースを使った型制約に基づく。 インターフェースを使った型制約に基づく。 「ダックタイピング」。
その他 C# 4.0 で共変性・反変性がサポートされる。 変性の代わりにワイルドカード利用。 互換性重視なので、J2SE 5.0 でコンパイルしたものも、古いバージョンの VM で問題なく動く。 マクロみたいなものなので、型だけじゃなくて int も template の引数にできる。 template の特殊化など、C# generics がサポートしていない(原理的にできない)こともできる。

Source: http://ufcpp.net/study/csharp/sp2_generics.html



約イメージ ジェネリック

あなたは、約Google画像検索にどのようなイメージを見つけることができます ジェネリック:

www.kokun.net